応援メッセージ

卒業生からのコメント

平成28年度卒業生

堀尾 拓哉 さん
人間開発学部 子ども支援学科

出身校:文教大学付属高校


私は人生において貴重な4年間を、國學院大學で過ごすことができてとても光栄に思います。

國學院の先生方は勉学だけをご教授してくださるだけでなく、私の将来についても一緒に考えてくださいました。職員の方々にも様々な面から挑戦をサポートしていただきました。皆さんの温かい指導があったからこそ、社会人として必要な基礎を学ぶことができました。本当にありがとうございました。

学部・学科・硬式テニス部などで、多くの仲間と出会えたことも私にとって宝です。困難があった際は共に支えあい、嬉しいことがあった際は共に喜んだ経験は、かけがえのないものとなりました。

皆さんには色々なことに恐れず挑戦してほしいです。そして自分の挑戦を支えてくれる大勢の方への感謝を忘れず、自らも人を支えられる存在になれるよう頑張ってください。
竜沢 悠暉 さん
法学部 法律専攻

出身校:早稲田摂陵高校
就職
先:株式会社三井住友銀行


國學院大学での四年間は人生において、貴重な時間になったことは間違いありません。

浪人という苦しい時期を乗り越え、迎えた大学生活。初めは年齢の壁等もあり、上手く馴染めなかった部分もありましたが、サークルを通じて、ゼミを通じて、かけがえのない仲間に出逢い、心身ともに成長することができました。
ゼミの蛭田孝雪先生には、身近な法律や、大人としてのマナー等、人間的にも大きくなれたきっかけをいただきました。

また就職活動時期に支えてくださいました、大学職員の皆様には感謝しきれません。
今後は一人の先輩として、大学に恩返しが出来ればと考えております。
後輩が國學院生として胸を張れるように、國學院ブランドを高めるためにも、自分達は活躍をしなければならない、貢献しなければならないと考えます。
温かな四年間をありがとうございました。
炭山 彩 さん
経済学部 経営学科

就職
先:株式会社三井住友銀行
私にとって國學院大學での大学生活は、ここでは語り尽くせない程の充実した日々でした。

 高校生までは部活動で卓球に打ち込み、他のことにはほとんど時間を費やしてきませんでした。そのため、大学生活では様々な活動を行いたいと思い、サークル、ゼミ、アルバイト、卓球など多くの活動をしました。これまでは、先生の指示に従って動いているだけでしたが、大学では主体的に考え行動する力が身に付いたと思います。また、活動の中で多くの人に支えられたことで、周りの人の大切さをより感じました。
 私はこれから社会人となりますが、大学での経験を糧に、さらなる成長をしていきたいと考えています。後輩の皆さんにも、今後に活きる大学生活を送ってほしいと思います。
 最後に、四年間支えてくださった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

山崎 未来 さん
法学部 法律学科

出身校:都立雪谷高校
就職
先:都市銀行



國學院大学での4年間の中で、私は多くの人に出会い、たくさんの経験を積むことができました。
ゼミやアルバイト、また一生付き合っていきたいと思う友人を作ることができた私の大学生活は本当に充実していて、卒業するのが本当に寂しいです。

まだ社会の厳しさを知らない私ですが、そんな私が後輩の皆さんに伝えたいことは、今この一瞬を大切にしてほしいということです。時間が流れるのはあっという間です。やらない後悔よりやって後悔、迷ってるくらいなら行動してみるべきだと思います。

春から社会人となる私もこのモットーを胸に、4月から精一杯頑張りたいと思っています!
後輩の皆さんも残りの学生生活、充実した時間を過ごしてください。
松尾 翔太 さん
人間開発学部 健康体育学科

出身校:嘉穂高校
就職先:株式会社三井住友銀行




國學院大學で過ごした日々は、充実したものでした。

私は硬式野球部に所属していまして、入部当初は、練習の厳しさはもちろん、日常生活での部内の規則に、不満を持つことは多々ありました。
ただ、硬式野球部という社会の中で、生きていく強さを身に付けたことや、その生活の中で当たり前のことを徹底してやり続けたことが、今の自分の成長に繋がったのではないかと思います。
春からは社会人として、新たな苦難・困難があると思いますが、國學院大學で学んだ礎をもとに、精一杯生きていこうと思っております。

最後になりますが、4年間支えて下さった皆さんのおかげで、多少なりともまともな人間になれたと思っています。これからは院友として胸を張れるよう精進して参ります。4年間ありがとうございました。
野口 哲平 さん
法学部 法律専攻

出身校:東京都
就職先:国際貨物輸送業界   





 國學院大學で過ごした4年間はかけがえのない時間でした。

親友と呼べる友人に出会えたこと、学びたかった日本国憲法の学習に勤しめたこと、インターンシップにおいて働くことの大変さ、両親への感謝を改めて感じることができたこと、数えるときりがありません。

 4年間を振り返り、充実した学生生活を送れた要因を考察すると、主体性を持って行動できたことが要因だと考えられます。

 大学生活は高校生活と異なり、担任の先生もいなければ、あらかじめ決められたカリキュラムもありません。

 是非、これから國學院大學で学ぶ方は、4年間で自分は何をしたいのか、ご自身を見つめ直して、自分なりの道を突き進んで下さい。

渡辺健一 
渡辺 健一 さん
法学部 政治専攻

出身校:日川高校
就職先:株式会社リクルート住まいカンパニー   

大学1年生から就職を意識するのは素晴らしい事ですが、もし興味のない事に我慢して取り組んでいるのであれば、すぐにやめた方がいいと思います。

僕は大学1年生の時、大学生が発展途上国で子供達を教育する団体に入りました。国際協力への興味が抑えきれず、先輩に盾突いてばかりで、仕舞いには1年生にして長を務めました。住まいカンパニーはその度胸を評価してくれたようです。

企業は大学時代の武勇伝を必ず聞いてきます。その時のためにも、興味のある事に全力で取り組んでください。
望月 穣 経済学部 経済学科
望月 穣 さん
経済学部 経済学科

出身校:横浜市立横浜商業高校
就職先:大手証券会社   


わたしの國學院大學での大学生活は、苦しく悔しい思い出とかけがえのない楽しい思い出に溢れています。

所属していた体育連合会卓球部では、大学卓球界のレベルの高さに圧倒され、思うような結果を出せず、悔しく苦しい経験をしました。そんな時に、家族をはじめ周りの支えてくれる方々がいたからこそ引退まで頑張り続けられたと思います。「ありがとう」という言葉では伝えきれないぐらい感謝しています。
また、卓球部、中泉ゼミで仲間と過ごした時間は、将来、この4年間の思い出をおつまみにして、懐かしみながらお酒を飲みたいと思えるような楽しい思い出ができ、かけがいのない時間になりました。

春から社会人になり、環境も変わり様々な壁に立ち向かわなければいけないと思いますが、大学生活の経験を活かし、乗り越えていきたいと思います。

大津聖士 法学部 法律専攻
大津 聖士 さん
法学部 法律専攻

出身校:藤代高校
就職先:大和ハウス工業株式会社   





大学生活は、何でもできます。
逆に、何もする気がなければ、何もしないで過ごすことができます。
しかし、せっかくの大学生活であるから色々活動をしてみるといいかとか思います。

私は、高校時代は野球一筋でしたが、大学時代は国際協力活動や地域ブランディング活動などを行いました。
このように未知の分野に挑戦したことで、大切な仲間を得て人間的にも成長することができました。

是非皆さんも興味のあることに挑戦してみてください。
永澤未来 法学部 政治専攻
永澤 未来 さん
法学部 政治専攻

出身校:横浜女学院高校
就職先:株式会社三井住友銀行   
大学生活へ期待と不安を抱えて入学した四年前がとても昔のことのように感じられます。
國學院大學での四年間、本当に実りある大学生活を送ることができました。

大学生活において大切にしていたことは「チャレンジ」することです。中でも、スポーツジムのインストラクターに挑戦し、老若男女様々な人と触れ合うことのできた経験は貴重でした。新しいことを始めるには勇気と覚悟が必要ですが、一歩踏み出してみると新たな発見がいくつもあり、今まで気づくことのできなかった切り口から物事を捉えられるようになりました。
長くもあり、短くもある大学生活をどう過ごすかは自分次第だと感じます。在学生の皆さんにも、失敗を恐れずに新たな道を切り開いていってほしいです。

最後になりますが、四年間の学生生活を支えてくださった家族、友人、職員の皆さまに心から感謝しております。本当にありがとうございました。

平澤壮登 経済学部 経営学科
平澤 壮登 さん
経済学部 経営学科

出身校:矢板東高校
就職先:みずほ証券株式会社   
國學院大學での4年間はとても充実したものでした。

最初は地方から東京の大学に行くことに不安や心配はありました。しかしサークルやゼミを通じたくさんの仲間ができ、楽しくキャンパスライフを過ごすことができました。

就職活動の際には、キャリアサポート課、経理課の皆様のバックアップもあり、希望する企業に内定をいただきました。本当にお世話になりました。

また、内定後に始めた後輩に向けて就職活動をサポートする内定者アドバイザーでは様々な業界の内定者と協力して業務をすることができ、いい経験となりました。

最後になりますが、これまで私のことを支えてくれた両親、友人、職員の皆様には感謝してもしきれません。入社後は証券業を通じて、どんなに厳しい環境でも目の前の人に全力を尽くし、たくさんの人を幸せにできるように頑張ります。

阿部翔太 経済学部 経済学科
阿部 翔太 さん
経済学部 経済学科

出身校:國學院高校
就職先:野村證券株式会社   

國學院大學を選んだきっかけは、「大学受験をしたくないから」という非常にひどいものでした。大学に入ってこういうことを学びたい!という考えも持たず、大学生としては悪い例でしかなかったと思います。しかし振り返ってみると、非常に充実した大学生活を送ることができました。

私は体育会の水泳部で活動し、仲間で1つの目標に向かって努力することの難しさ、素晴らしさを実感し、何より素晴らしい仲間を得ることができました。

「人生の夏休み」と言われる大学生活。社会人になる前に一番時間があって何でもできる最後のチャンスです。是非いろいろな経験を積んで人生の糧にしてください。

青柳湧紀 人間開発学部 健康体育学科
青柳 湧紀 さん
人間開発学部 健康体育学科
大森俊夫ゼミ

出身校:昌平高校

就職先:株式会社三井住友銀行   





國學院大學で過ごした4年間は、私自身を成長させてくれる貴重な時間でした。

所属していた体育会蹴球部では副主将を務め、チームを統率することの大変さ、
また目標に向かって全体の意志を統一することの難しさを経験させて頂きました。
最後まで挑戦できたのは、信頼できる同期の仲間、先輩・後輩何よりも家族の支えがあったからだと自負しています。ありがとうございました。
これから社会人になってもこれまでの経験と感謝の気持ちを忘れず日々精進していきます。

最後に私が最も大切にしている言葉を紹介します。
「一番苦労した人が一番幸福になる権利がある」
これから先、理想通りにならないことが多々あると思います。
それでも妥協せず、苦労を惜しまず日々精進して下さい。
そして自分自身の可能性を信じ日々チャレンジし続けて下さい!
森田 渓介 人間開発学部 健康体育学科
森田 渓介 さん
人間開発学部 健康体育学科
伊藤英之ゼミ

出身校:伊奈学園総合高校

就職先:みずほ証券株式会社     

私はこの國學院大學で、とても実りのある4年間を過ごすことが出来ました。

所属していた体育連合会剣道部では、主務として活動する中で、部を統率することの大変さ、人を動かすことの難しさを勉強させていただきました。
このような初めての挑戦の中でも、最後までやり抜くことができたのは、たくさんの諸先輩方、同期、後輩達に支えて頂いたからだと感じております。ありがとうございます。
この感謝の気持ちをこの先も忘れず、今後は國學院大學の後輩の皆様の就活支援に、少しでも貢献していけたらと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

4年間はあっという間です。特に、4年生の1年間は自分の進路を決めるとても大切な時期です。
きっとたくさんの人と出会うと思います。そんな刺激的な毎日を後悔のないように、また楽しみながら頑張り抜いてください。
蜂須賀源 人間開発学部 健康体育学科
蜂須賀 源 さん
人間開発学部 健康体育学科

出身校:柏日体高校

就職先:コニカミノルタ株式会社



國學院大學での4年間はあっという間に感じるほど充実したものになりました。
陸上競技部長距離に所属し、毎日練習の日々で普通の大学生とは少し違う生活を送りました。
勉強と部活動の両立で不安なところもありましたが、頼れる仲間に恵まれ楽しくキャンパスライフを過ごすことができました。
部活動では、箱根駅伝に3度出場することができ、最終学年では主将を務めさせていただきました。勝つことの難しさを痛感させられましたが、仲間と同じ目標に向けて努力した4年間はほんとうにかけがえのない時間でした。
國學院大學で学んだ経験を生かして、社会人になっても自分の夢に向かって走り続けていきたいと思います。

最後になりますが、私の大學生活4年間を支えてくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。これから恩返ししていきます。
徳田和也 経済学部 経済学科
徳田 和也 さん
経済学部 経済学科

出身校:國學院大學久我山高校

就職先:SMBC日興証券株式会社
國學院大學で過ごした4年間は、私にとって常に成長し続けられた時間でした。

大学生活では、今まで以上に広い交友関係を築くことができました。また、授業では専門知識のほかに自分の興味のある講義を取ることで様々な知識を学ぶことが出来ました。

所属していた体育会ラグビー部では、先輩後輩との上下関係や同期との縦や横の繋がり、また一つのことをひたむきに努力し続ける忍耐力を実践することが出来ました。

春からは社会人として、この大学生活で培ったことを生かし、飛躍できるよう頑張ります。
在学生のみなさん、大学生活は今できることを全力で取り組んでください。

松本真典 法学部 法律専攻
松本 真典 さん
法学部 法律専攻

出身校 : 宮崎県立宮崎南高校        
内定先 : 宮崎放送





國學院大學で過ごした4年間は、自分を大きく成長させてくれました。大學では多くのの友人と関わることができ、様々な経験を積むことが出来ました。

新しい発見も多く、視野が大きく広がったと感じています。
また、私は準硬式野球部で主将を務め、チームを牽引し、勝利に導くことがいかに難しいことであるかを肌で感じました。主将を最後までやりきることが出来たのも、チームメイトの支えがあったからです。感謝しています!

後輩の皆さん。大學4年間は本当にあっという間に過ぎていきます。今しか出来ないことを見つけ、様々な経験を積んで下さい。あとは、思う存分楽しんで下さい!

最後になりますが、両親をはじめ、今までお世話になった皆さんには本当に感謝しています。ありがとうございました!

細森大輔 法学部 法律専攻
細森 大輔 さん
法学部 法律専攻

出身校:富山商業高校

就職先:YKK株式会社



國學院大學での4年間はとても充実したものでした。

私は陸上競技部に所属し箱根駅伝を目指そうと入学しました。
箱根駅伝を目指すのは簡単なことではなく険しい道のりでした。

また学生として学業も疎かにできず、部活動と学業の両立が求められました。
学生生活を送る上でどちらか1つだけをうまくいくようにしようとしても結果どちらもも中途半端になってしまい大成しないと気がつきました。

何かを成し遂げるためにはそのことに打ち込める環境作りが必須だと思います。
後輩の皆さんにはそういった環境作りを意識して取り組んでもらいたいと思います。
友人や仲間と協力して頑張ってください。

近藤柾希 文学部 史学科
近藤 柾希 さん
文学部 史学科
林 和生先生ゼミ

出身校:拓殖大学紅陵高校
就職先:野村證券株式会社

4年間のご指導、ご支援ありがとうございました。

日々の学生生活で支えて頂いた友人・教授。何より「箱根駅伝」を目指して、何度も壁にぶつかりながらも走り続けた陸上競技部のチームメイトには感謝してもしきれません。

また競技者としてだけでなく一人の人間として、日々ご指導を頂いた陸上競技部の監督・コーチには社会に出るにあたり数々の大切な事を教えて頂きました。

日々の練習環境や毎日の美味しい寮食等、本当に恵まれた環境で部活動に取り組むことができたのも、國學院大學を日々支えて下さる多くの方々のご支援の賜物です。本当にありがとうございました。

後輩のみなさんへ。
大学での4年間は本当に貴重な時間です。様々な経験をする中で
たくさんの人との出会いを大切に、学生生活を充実したものにして下さい。

平成27年度卒業生

前田亜樹 経済学部 経営学科
前田 亜樹さん
経済学部 経営学科
秦信行先生ゼミ

出身校:千葉県立薬園台高
就職先:みずほ証券(株)
わたしは、國學院大學でとても充実した4年間を過ごすことが出来ました。

所属していたアルティメット部では仲間と1つの勝利に向かって努力することの大切さ、素敵さを学び、就職活動では、自分について、将来について初めて心から向き合うことができ、胸をはって就職活動を終えることができました。

自分の大学生活を支え続けてくれた友人、そして両親には感謝してもしきれません。素敵な仲間にも数多く出会うことができました。

後輩の皆さん。
あっという間の4年間です。大学生の今だからできることをたくさん見つけて、多くの経験を積んでほしいです。
皆さんが國學院大學で素敵な4年間を過ごせることを願っています。




川端 脩平さん 経済学部 経済学科
川端 脩平さん
経済学部 経済学科
田原裕子先生ゼミ

出身校:愛知県立安城東高等学校
就職先:大手自動車メーカー


大学4年間は長いようであっという間であると言われる中、私は大学生活を前半と後半に分けて過ごすことで、勉強の面でもプライベートの面でも充実した学生生活を過ごせたと思います。

その中で一番頑張った事を挙げるならば、大学2年生の後期から所属した田原ゼミでの活動だと自信を持って言えます。何か一つのことを頑張りたいと思ったときに、仲間同士でお互いを高めあえる環境に身を置くことはとても大切なことです。

大学生活では多くの人に出会いますが、卒業しても尚付き合い続けられる友人は数人だと思います。苦楽を共にしたからこそ出会えた一生の仲間と、人生の恩師とも呼べる教授に巡り会えたことは私の人生において何にも置きかえられない宝物です。
大学生活で学んだ一期一会の大切さと感謝の気持ちを忘れずに、これからのグローバル社会でも活躍していきたいと思います。

本橋香帆さん 経済学部経済ネットワーキング学科
本橋 香帆さん
経済学部 経済ネットワーキング学科
古沢広祐先生ゼミ

出身校:神奈川県立横浜栄高校
就職先:都市銀行

國學院大學で過ごした4年間は私にとってかけがえのない宝物になりました。

渋谷という立地にありながら、落ち着いた雰囲気のキャンパスはとても学びやすく、ゼミ生と夜まで勉強したことが印象的です。

就職活動の際には、キャリアサポート課、経理課の皆様と積極的にコミュニケーションを取り、内定へと繋がりました。國學院大學では、自分で行動すればするほど、周りの皆さんが支えてくださります。これから就職活動を控える皆さんには、是非自分のペースで頑張って欲しいです。

春からは、社会人としての自覚を持ち、生活していきたいです。

最後になりますが、この大學生活を支えてくれた両親、友人、先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。特に両親は、私の学生生活を常に見守ってくれました。
本当にありがとうございました。

岩元 大周さん
経済学部 経済学科
ラグビーフットボール部

出身校:鹿児島高等学校
就職先 :富士ゼロックス東京(株)


國學院大学での四年間はとても充実したものでした。

最初は鹿児島の高校から東京の大学にいくことに不安や心配はありましたが、いまではたくさんの仲間ができ楽しくキャンパスライフを過ごすことができました。

また私はラグビー部に所属しラグビーを通して先輩や後輩にいろんなことを学ぶこともできました。この学んだことを社会人になっても忘れずに頑張りたいとおもいます。

最後になりますが在校生のみなさん!
大学生活は1回しかありません!
悔いのないように思う存分楽しんでください!
粕谷愛梨さん 文学部外国語文化学科
粕谷 愛梨さん
文学部 外国語文化学科

出身校:文教大学付属中学高等学校
就職先:國學院久我山中学高等学校

國學院大學で過ごした日々は本当に楽しく、充実した毎日でした。
私は大学入学以前から英語を学ぶと同時に文化についても深く学びたいと考えていました。外国語文化学科に所属したことで、自分の学びたかったことを深く追究することができました。また、國學院ならではのことをしようと決め、副専攻で日本語教員の資格をとったり、弓道同好会に所属したりと、日本の文化についての理解を深めることもでき、國學院だったからこその経験を得ることができました。

そして、友人や先輩後輩、先生方や職員の方々とたくさんの素敵な出会いがあり、幸せな大学生活を送ることができました。國學院で過ごせたことは私にとって一生の財産です。

4月からは國學院久我山中学高等学校で働かせていただきます。
英語科の教員として大学で学んだことを活かしつつ、これからも自分を成長させられるように頑張っていきたいです。
毛塚あゆみさん 神道文化学部 神道文化学科
毛塚 あゆみさん
神道文化学部 神道文化学科

出身校:私立 錦城高等学校
就職先:セレモアホールディングス株式会社


私の大学生生活は、一風変わった学部とサークルに彩られ、人と機会に恵まれた四年間でした。

学部では日本の歴史や文化そのものと言っても過言ではない「神道」について学び、サークル活動では伝統芸能の一つである雅楽と神楽舞にふれ、神社に関わる方々と多くの交流の機会を得ました。若い時期に連綿と受け継がれてきた「本物」の片鱗を感じられたことは掛替えのない、とても貴重な経験でした。就職活動の際にもこの経験を活かすことが出来ました。私の就活は、一般的なリクルートの流れとは少しずれていましたが、文章や面接などの技術面と精神面で手厚くご支援をしていただき、本当に感謝の念で一杯です。

卒業後は新天地で仕事に努める以外にも自身の内面を整え、些細なかたちでも伝統文化に携われるように成りたいと思います。

最後に、卒業まで支え、育んできてくれた両親に心からの感謝と、社会人になってからも変わらず側にあり共に歩むことを述べます。

本田 和輝さん
人間開発学部 健康体育学科
体育会蹴球部

出身校:新潟明訓高等学校
就職先:三井住友銀行
國學院大學で過ごした4年間は、私にとってかけがえのない時間となりました。

体育会蹴球部に入部し、継続し続けることの難しさや何事にも真剣に取り組むことの大切さを学びました。これらを学べたのも、信頼できる先輩・後輩、なによりも同期がいたからです。何度もくじけそうになった時、同期の頑張っている姿を目にすると負けられないと思い、頑張ることができました。チーム一丸となり、一つの目標に向かって全力で走り抜いた日々は、私の宝物です。心から尊敬できる同期・先輩・後輩に感謝したいです。

また、大学生になってもサッカーを続けさせてくれた両親に感謝しています。試合に出場して、一生懸命ボールを追っている姿を見せることができて本当によかったです。4年間応援ありがとうございました。これから社会人となり不安はありますが、國學院大學で学んだ4年間を支えとして頑張っていきたいです。

熊谷汐里さん 法学部 法律学科
熊谷 汐里さん
法学部 法律学科

門広乃里子先生ゼミ

出身校:所沢高等学校
就職先:みずほフィナンシャルグループ
國學院大學で過ごした4年間は私を成長させてくれるものでした。

特に家族法の門広乃里子先生のゼミでは、グループで改正案を作るという活動を通して、多くのことを学ぶことができました。
現在の家族法の問題を見つけその問題を解決するための新たな法律を考えていくことは、大変なこともありましたが、どうすればより良い法律が出来るのか他のゼミ生と議論することはとてもやりがいを感じることができました。

また、苦労を共にした仲間も出来て、人生の財産になったと感じました。
これから社会人になり、壁にぶつかることもたくさんあると思いますが、大学で過ごした四年間を糧にがんばっていきたいと思います。
仁平 美由紀さん 文学部 史学科
仁平 美由紀さん
文学部 史学科

出身校 : 千葉日本大学第一高等学校
就職先 : りそな銀行
2012年春、大学生となりました。父の影響で幼い頃から歴史に触れており、日本史を学びたいと思い史学科を選び受験戦争を乗り越え、國學院大學史学科へと入学することができました。

入学式の日、どんな授業だろう、学食美味しいかな、友達できるかなと不安と期待が入り混じっていたが、ひとつ決めたことがありました。“勉強頑張って絶対単位落とさない!”当たり前のことだけれど、時には難しいと感じることもありました。教職で必須に取らなければいけない法律や経済の講義は語句さえ難しいし、六法全書は重いしと苦手でした。他にも資格を取っておりその分授業数も多く、勉強とバイトとの時間の両立が難しかったこともありました。そのため試験の二週間前から準備を始め、眠い目をこすりながら勉強勉強勉強…。試験という名の鬼です!しかし無事4年間単位を落とすことなく鬼を倒すことができました。

これから社会人となり色々な鬼が現れてくると思いますが、この経験を糧にして打ち勝とうと思います。

三島 卓也 経済学部 経済学科
三島 卓也さん
経済学部 経済学科
尾近裕幸先生ゼミ

出身校:神奈川県立港北高校
就職先:株式会社ランドスケイプ


私が國學院大學で過ごした時間は、人生のうち5分の1にも満たない時間です。しかしその短い時間の中で、人生にとって大切なことを数多く学ぶことが出来たと思います。

私の大学生活には、寄り道に思えるような時間もあったかもしれません。しかし、意味が無いように思える経験を含め、この4年間で経験した全てのことが自分の糧になったと思います。ゼミでの人工社会構築論の研究、履修した経済学、神道文化の学習、情熱をもって取り組み続けることができました。それも國學院大學という、学生に、本気で向かい合ってくれる環境があったからこそと確信しています。

私はこれから、國學院大學の卒業生という肩書を背負って生きることになります。その責任、誇りを失わないように、そして、ご支援下さる皆様と、育ててくれた両親、お世話になった全ての先生の御恩に報いるように行きてゆくことが、これからの私の責務になると実感しております。
皆様、ご支援の程宜しくお願い致します。


長谷川みのりさん 人間開発学部 健康体育学科
長谷川 みのりさん
人間開発学部 健康体育学科

出身校:文教大学付属高等学校
就職先:学校法人 國學院大學


私の大学生活はチャレンジする日々でした。

大学や両親にサポートしてもらい、やりたいことに、全てチャレンジができる環境でした。大学3年生の時に、ブラジリアン柔術の道場を立ち上げ、子供に柔術を教えながら、自分自身も選手としてアブダビで行われた世界大会に日本代表として出場しました。また、語学にも興味があり、2度の短期留学や留学生アシスタントなどで英語力を向上させることができました。

大学には、職員の方々に相談にのってもらったり、賞をいただいたり、様々なイベントに参加させてもらいました。私は、これから國學院大學職員として、私がしてもらったように、学生がチャレンジできるような環境を作っていきたいと思います。頑張る学生をサポートして、大学に恩返し致します。

A.Mさん 文学部 哲学科
A.Mさん
文学部 哲学科

4年間はまるで泡沫の夢のようでした。
いろいろなことがあり、楽しい大学生活でした。お世話になった先生方や友人、家族に感謝しています。春からは社会人として一生懸命に働く所存です。

後輩のみなさんへのメッセージ:
「コンサマトリー」という、アメリカの社会学者、タルコット・パーソンズの概念を紹介したいと思います。日本語では、しばしば「自己充足的」と訳されます。「目的のためでなく、それ自体を楽しむ」という意味です。
将来のために、お金を得るために、といった目的を基準に行動することは、人生を豊かにするために必要なことかもしれませんが、ぜひそれ自体を思う存分楽しむことも忘れないでください。
価値があるから何かをするというよりむしろ、何かをすることそれ自体に価値を見出したり自分の中で気づきが生まれたりするものなのではないかと私は思います。既存のものにとらわれず、自分自身を解放して自由に過ごしてください。

信貴 文馨 さん 文学部 外国語文化学科
信貴 文馨 さん
文学部 外国語文化学科

出身校:東京都立駒場高校
就職先:メガバンク

この4年間、私は國學院大學で様々な経験をしてきました。そのどれもが今となっては良い思い出で、卒業するのが寂しく思えます。

その中でも、私が4年間の大学生活を送って一番良かったと思うことは、色々な価値観を持った人と触れ合うことができたということです。高校に比べて圧倒的にオープンな環境で、本当に多くの人との出会いがありました。大学生活を通して、視野が大きく広がったと感じています。特に、就職活動は辛いこともありましたが、学校内外で多くの人にお世話になり、人への感謝と尊敬の気持ちを改めて実感する良い機会となりました。

これから國學院大學の学生として入学する方々にも、國學院でしかできないたくさんの出会いを通して、有意義な学生生活を送って欲しいと思います。