•      

入学や卒業、スポーツ活動等、時期に合わせて
メッセージを受け付けております。
メッセージの掲載は
ワンコイン(500円)から可能です。

ぜひ学生へエールをお寄せください!

トピックス!!

<蹴球部> 東京都1部リーグ首位で躍進中!
東京都1部リーグに所属する本学の蹴球部が、現在リーグ首位で躍進しております!リーグの上位2校が上位リーグである"関東リーグ"参入戦の出場権を得ることができます!

みなさんの声援が
選手たちへの力になります!
ぜひ応援よろしくお願いいたします!!

応援メッセージ

スポーツ強化部会紹介

硬式野球部

硬式野球部紹介
1920年(大正9年)に前身の運動部から正式に野球部として発足。東都大学野球連盟発足時のから加盟している大学である。2010年秋季リーグ戦において一部リーグ戦初優勝を飾る。

主な成績
2006年 春季2部1位   秋季3位
2007年 春季5位   秋季6位
2008年 春季2部6位   秋季2部1位
2009年 春季5位   秋季3位
2010年 春季4位   秋季優勝
2011年 春季6位   秋季2部2位
2012年 春季2部1位   秋季4位
2013年 春季3位   秋季2位
2014年 春季2位   秋季2位
2015年 春季3位   秋季5位
2016年 春季2位   秋季4位
2017年 春季3位   秋季4位
2018年 春季2位   秋季5位

柔道部

柔道部紹介 
1920年創部。大正8年に創部された柔道部は、平成21年に創部90年を迎えた。 
創部当初の柔道部は、師範に三船久蔵先生を迎え、当時の部員には、品田聖平先生(31期) 松尾三郎先生(34期:故人 本学理事長)守屋光春(34期:故人 前伏見稲荷大社宮司) の名前がある。 また歴代の柔道部の部長には松下大三郎先生、今泉忠義先生、田邊正男先生、飯倉一郎先生、 伊木誠先生、小越洋之助先生、秦信行先生が就任され、現在は神道文化学部教授である笹生衛先生に柔道部の発展にご尽力いただいている。 


主な大会成績

 団体:東京学生柔道優勝大会  第3位
   (第32回、59回、60回)   
    全日本学生柔道優勝大会 ベスト8
   (第35回、51回、58回、65回、66回) 
    全日本学生柔道体重別団体優勝大会 第3位
   (第13回)ベスト8 6回

 個人:全日本柔道選手権大会  出場者:下岸、三浦、北野 (3回)
    グランドスラム  優勝 :川上(81kg)東京  3位川上
    グランプリ     2位 :川上(81kg)タシケント 
    ワールドカップ  優勝 :川上(81kg) 藤阪(60kg)ローマ 
    ユニバーシアード  優勝 :川上(81kg・団体)シンセン
              優勝 :藤阪(60kg)台湾
    全日本選抜大会   2位 :川上(81kg)
             3位:坂本(95kg)藤阪(66kg) 
    講道館杯     優勝 :坂本(95kg)
             2位:川上(81kg)2回 
              3位 :柴田(100kg) 千葉(73kg)川上3回 
                 北野(90kg)藤阪(66kg)糸井(81kg)
    全日本学生選手権大会 2位 :下岸(無差別) 
               3位 :坂本(無差別) 
    全日本学生体重別選手権大会 優勝 :川上(81kg) 
                  2位 :下岸(95kg)地崎(90kg)糸井(81kg)                   藤阪(60kg)島田(73kg) 2回
                  3位 :千葉(73kg)北野(90kg)坂本(95kg)                  島田(73kg)
    全日本ジュニア大会 優勝 :川上(81kg)北野(81kg) 相田(66kg)
              2位 :星(73kg)二見(90kg)藤阪(60kg) 長澤(81kg)         3位 :泊(66kg)地崎(90kg)
    世界ジュニア大会  2位 : 北野(81kg)
              3位 : 川上(81kg)相田(66kg)

陸上競技部

陸上競技部紹介
 1890年(明治23年)創部。2001年の第77回大会に初めて箱根駅伝に出場。以降2019年に至るまでに箱根駅伝に12回出場し、3回シード権を獲得している。2009年には駒澤大学初優勝時の主将であった前田康弘監督が就任し、チームを黄金期へと導いている。


主な成績
<駅伝>
 箱根駅伝    出場12回
         最高7位(H31)
 
 全日本大学駅伝 出場6回
         最高6位(H31)

 出雲駅伝    出場2回
         最高10位(H24)

<個人>
 世界大学クロスカントリー大会 6位(日本人2位) 浦野雄平(H31)
 箱根駅伝 5区 区間賞  浦野雄平(H31)
 関東インカレ 
        5000m  3位(日本人2位)  浦野雄平(H30)
        5000m  6位(日本人1位)   浦野雄平(R1)
        10000m 4位(日本人1位)  浦野雄平(R1)
        10000m 6位(日本人3位)  土方秀和(H30)
        ハーフマラソン 1位     土方秀和(R1)
 

剣道部

剣道部は、明治15年の「皇典講究所」の創立から10年後、私立大学として「國學院」が開設された後、在学生有志によって「撃剣部」として発足 したのが始まりであり、平成24年(2012年)に剣道部創立120周年を迎えた全国でも屈指の歴史と伝統を誇る剣道部である。 現在は全国より100余資の部員が所属し、渋谷本校舎「振武館」道場※にて日々稽古に励んでいる。
※通常は渋谷5号館アリーナ(体育館)にて稽古を行っております。

蹴球部

蹴球部紹介
私達、國學院大學体育連合会蹴球部は1925年創部の歴史ある部会で、関東大学サッカーリーグへの昇格を目標に日々活動しています。
現在は東京都サッカーリーグ1部に所属しており、昨年度は東京都大学サッカーリーグ1部で4位という成績を収めました。
また、4月中旬に開幕した、東京都大学サッカーリーグ戦で首位を取るため、毎日トレーニングに励んでいます。

國學院大學蹴球部 
キャプテン 4年
経済学部経済学科 
佐藤大介

蹴球部主将の佐藤大介です。
私たちは関東リーグ昇格に向け、チーム一丸となり日々トレーニングに励んでいます。
現在リーグ戦では首位という位置ではありますが、選手全員が初心を忘れず、常にチャレンジャー精神のもと戦い抜きます。
また、試合にも1人でも多くの方に足を運んでいただきたく思います。応援よろしくお願いいたします!

スキー部

スキー部紹介
1960年(昭和36年)、同好会として発足した國學院大學スキー部は、部則の目的に「スポーツが人間に明確な判断と強固な実行力を与えるものであることを確信し、スキーというスポーツを通じて公正と無私と勇気の修練を行い、人格形成を目指す」とあります。入部するまでスキーの板をまともに履いたこともない選手が大半を占めるチームであったスキー部が、50年の歴史を経て、1部常連校へと躍進し強豪校と肩を並べるまでに至ったのは、「常にチームのために、自らを鍛え上げ、果敢に上位を目指し、最後まで諦めずに戦い抜く」という精神の継承によるものであり。まさに部則にある“公正と無私と勇気の修錬”によって、スキー部の歴史と伝統を築き上げてきた先人の礎の上に成り立つものです。後輩へと受け継がれてきたこの精神は、選手指導の原点にあり、選手の人格形成を果たしてきました。そして、この“人を作る指導”こそが、國學院大學スキー部の強さであり、今日に至る組織の発展を支えています。

ラグビーフットボール部

ラグビーフットボール部紹介
ラグビーフットボール部は1960年(昭和35年)にクラブチームとして部員7名から発足、その3年後に部に認可された。その後、関東大学リーグ1部昇格を目指して突き進んできた。2011年(平成23年)には伊藤護監督がチームに就任し、チームはさらなる高みへと目指し邁進している。

主な成績
2011年 森崎組(48期) 3部6勝1分 2位 2部昇格
2012年 遠軽組(49期) 2部4勝3敗 4位
2013年 河村組(50期) 2部4勝3敗 4位
2014年 市川組(51期) 2部2勝4敗1分 5位
2015年 久保組(52期) 2部2勝5敗 6位
2016年 長岡組(53期) 2部3勝3敗1分 5位
2017年 西岡組(54期) 2部4勝3敗 4位
2018年 股野組(55期) 2部5勝2敗 3位

卓球部

卓球部紹介
私達卓球部は昭和22年に創部された歴史ある部会です。「今、一歩前へ」を部訓として、春と秋に行われる関東学生卓球リーグ、全日本選手権大会、国民体育大会、全日本大学総合卓球選手権大会等での活躍を目標に日々活動しています。向上心と積極性を持ち、本気で卓球に取り組みたい者が集まっています。

主な成績
<団体戦>
関東学生卓球リーグ戦
・春季
 男子2部3位
 女子1部6位
・秋季
 男子2部5位
 女子1部8位(2部降格)

全日本大学総合選手権(団体の部)
 男子ベスト16(6年連続)
 女子ベスト8(入賞)

<個人戦>
全日本選手権 出場
国民体育大会 出場
全日本大学総合選手権(個人の部) 出場
東京選手権 出場
大阪国際招待 出場

ソフトテニス部

主な成績
<R1>
関東学生春季リーグ 男子1部 優勝
女子2部 3位
首都学生春季リーグ 男子1部 優勝
女子1部 3位

<H30>
関東シングルス大会 谷岡凌太朗 優勝
関東学生秋季リーグ 男子1部 4位
女子2部 2位
首都学生秋季リーグ 男子1部 優勝
女子1部 2位
関東学生春季リーグ 男子1部 3位
女子2部 3位
首都学生春季リーグ 男子1部 3位
女子1部 3位

<H29>
関東学生秋季リーグ 男子1部 3位
女子3部 優勝
関東学生秋季リーグ 男子1部 6位
女子4部 優勝

バスケットボール部