開く

学生・生徒等の奨学基金


奨学金制度のご紹介

本学では、向上心と勉学への熱意を持ちながら、経済的理由で就学が困難な学生を支援するために様々な奨学金制度を用意しております。皆さまからいただきますご寄付は「國學院大學奨学基金」として以下のような奨学金の財源として活用させていただきます。

学内奨学金の一部をご紹介します。

制度
目的
國學院大學セカンドキャリア奨学金制度
セカンドキャリアとして、将来、中学校、高等学校の保健体育教諭又は、小学校教諭の免許状を取得し、健康やスポーツ分野でのリーダーを目指す者に対し、奨学金の給付によって経済援助を行い、学業を奨励する
特例給付奨学金制度
家計支持者の失職・破産・病気・死亡または風水害等により家計急変が生じ、修学が困難になった学生に対し応急的支援を行い、学業継続を奨励する
國學院大學修学支援奨学金制度
学業・人物ともに優秀な者を奨励し、経済援助を行う
國學院大學フレックス特別給付奨学金制度
夜間授業時間帯の科目のみを履修する学生に対し、奨学金の給付によって学業を奨励するとともに、経済援助を行う
國學院大學留学生奨学金制度
日本国の「留学ビザ」を取得している学生で、勉学意欲があり、経済的理由で修学困難な留学生に対して経済援助を行う


奨学金はすべて返還の必要がない「給費型」です


本学では独自の奨学金として、勉学への熱意を経済面から支援するだけでなく、自らの多面的な能力、可能性を伸ばし、夢の実現に向けて学業に専念できるよう、目的に応じた各種奨学金制度を用意しています。
平成26年度から制度全体の大幅な拡充を図り、学生の皆さんが意欲的に勉学に励み、充実した学生生活を過ごせるよう、返還の必要がない「給費型」の新制度をさらに増設しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。

奨学生からのメッセージ

中館旦延さん
神道文化学部フレックスA(夜間主)4年在学

私の実家は地方の神社です。大学進学を前にして、神道文化学部リーフレットで、本学の奨学金制度や神社実習制度のことを知りました。「大学のこうしたサポート制度を活用して、父の経済的な負担を少しでも減らそう」…。そう考えて、私はフレックスA(夜間主)への入学を決意しました。
目下、夜間の時間帯のみで修学する学生を対象とする「フレックス奨学金」の給付をうけています。経済的にとても助かっています。昼間は東京大神宮で実習しながら、神職資格取得を目指しています。

【寄付の御礼】平成28年度史学科卒 和田圭司さん 私立学校非常勤講師(地歴)

和田圭司さん
Q 奨学金をどのようなことに活用しましたか?
教員採用試験や各私立学校での採用試験対策として、教職に関する参考書を購入しました。また地理歴史科の教員として、自分で見たモノや事柄を生徒に伝えたかったので、奨学金を元手に出雲へ出掛け、そこで開催された研究学会に参加しました。専門力の向上に活かすことができました。 

Q 寄付者に対しての気持ちとは?
とてもありがたいです。私も将来資金に余裕があれば、このような奨学金に協力したいと思いました。素朴ながら、良いOB・OGがたくさんいる大学で、良い環境で学生生活を送ることができたと思います。


 Q 今後同じようにこの奨学金をうけて教職を目指そうと思う後輩へ声をかけるとしたら、何とメッセージを残しますか?

「自分は教員になりたい!」「自分がお世話になった先生のようになりたい!」と強く思い続ければ教職に就けると思います。

【寄付の御礼】史学科 4年 助川史門さん 長野県中学社会合格

助川史門さん
Q 奨学金をどのようなことに活用しましたか?
私は、教職支援奨学金を教職についての参考書の購入等を中心に活用しました。参考書を活用して教職そのものについて教員採用試験の対策について学習を進めるとともに、教職センターが企画する各種の講座に参加し、体系的に取り組んできました。
また、奨学金を受給したことでアルバイトを減らし、空き時間を教職に対する学習のために使うことができました。

Q 寄付者に対しての気持ちとは?
教職への一貫した強い情熱を実感したとともに、自身ももっと頑張らなければならないという思いが強く芽生えてきました。同時に、私の教職への道を支援して下さる方々の存在を強く実感し、私も教師として未来を担う子どもたちへの教育を通して恩返ししていきたいと感じています。

Q 今後同じようにこの奨学金をうけて教職を目指そうと思う後輩へ声をかけるとしたら、何とメッセージを残しますか?
教職を目指そうと思ったきっかけを忘れず、自分の中にある教職に対する強い情熱を力に、仲間とともに資質・能力の向上に努めてほしいと思います。私も壁にぶつかることが多々ありますが、その度に同じ信念を持つ仲間が支えとなり乗り越えることができていると思います。私もまだまだ駆け出しですが、常に軸を変えずに頑張っていきます。

【寄付の御礼】史学科 3年 鬼頭花江さん 平成30年東京都受験予定

鬼頭花江さん
Q 奨学金をどのようなことに活用しましたか?
教職関係の参考書の購入や、来年度からの学内セミナー費用として貯金をしています。

Q 寄付者に対しての気持ちとは?

寄付をして頂けたことに大変感謝しております。また、直接お会いしてお話をうかがう中で、教職を目指す意志がより強くなりました。

Q 今後同じようにこの奨学金をうけて教職を目指そうと思う後輩へ声をかけるとしたら、何とメッセージを残しますか?

教職課程をとっていると、時間的・精神的・体力的に辛いと思うことも多く、あきらめたくなることもあるかもしれません。この奨学金を受けることで、寄付をして下さった方に責任を感じるとともに、自分を支援してくれる方が居るということを心の支えにして、夢に向かって努力をして欲しいと思います。

【寄付の御礼】史学科 4年 深澤慧さん 埼玉県高校地歴合格

深澤慧さん
Q 奨学金をどのようなことに活用しましたか?
優れた教員であり続けるための基礎力を学ぶため、自分に求められる力は何かを考え、専門教養や教職教養に関する書籍や、学校見学演習の費用等に活用させて頂きました。奨学金により、教職を目指すという意志がより強くなり、自ら学ぶ意欲の向上につながりました。今後も自己を見つめ、自分に足りないものは何かを考えながら、学ぶ意欲を持って成長していきます。

Q 寄付者に対しての気持ちとは?
寄付者の方には続けて奨学金を支給して頂いたこともあり、感謝の気持ちでいっぱいです。寄付者からは奨学金の支給だけではなく、多くのお話をして頂き、たくさんのことを学ばせて頂きました。自ら学び続けて努力すること、仲間を大切にすることなど、社会に出て大切にすべきことをたくさん学びました。寄付者の教えを忘れることなく、感謝の気持ちを持って今後も努力をしていきます。

Q 今後同じようにこの奨学金をうけて教職を目指そうと思う後輩へ声をかけるとしたら、何とメッセージを残しますか?
教職支援奨学金は、教職に対する気持ちを大きく変え、意欲的に学ぶことができるようにするためのものです。寄付者の方は強い思いから奨学金を支給してくださっています。私は奨学金により、教職に就くという思いを強くすることができました。覚悟を持って、教職を目指していきましょう。